ふるさと納税規制

ふるさと納税規制

ふるさと納税3割規制

返礼品競争の過熱により、総務省が4月に、
『寄付金の返礼品は3割以下にする』
『換金性の高いもの・資産性の高いもの・高額なものを返礼品として送付しない』
ことを各自治体に要請しています。

各自治体では、見直しが広がっていて、
返礼品のラインナップに変化が出ています。

宿泊券・商品券
家電・家具・時計

などの商品が外れる自治体が増えています。

ワンストップ特例が使える5ヶ所以内の自治体への寄付を利用する場合、
返礼品の内容を吟味する方が多いと思います。
3割規制は、返礼品のグレードが下がる可能性が大きいのです。

納税額か高く、限度額が大きい方は、
食料品だけではカバー出来ず、
電化製品を選んでいた方が多かったと思います。
家電が選べなくなったのは、影響が大きいと思います。

その分、今年度は計画的な
ふるさと納税の利用が求められます。